From the Management

President & CEO

Yumi Shibuya

私たちグレイは、1963年に日本で産声を上げて以来、おかげさまで50周年を迎えることができました。その間、微力ながらいくつものブランドをマーケットリーダーへと育てるお手伝いをさせていただいたことが、私たちの大きな誇りです。それは私たちがいつも、そのブランドの購入者/使用者を、ではなくブランドの“ファン”を育てるべく、コミュニケーションを発信し続けてきたらからだと信じています。
研ぎすまされた戦略と、インサイトを的確に反映した、見る人の心を動かすクリエイティブ。グレイのクリエイティビティの高さは、JAAAクリエイターオブザイヤーのメダリストが3名いることが物語っています。

コミュニケーションのカタチが、「伝える」から「つなげる」へと変化しつつある今、私たちのコミュニケーションは人の心の琴線に触れ、その生活の一部として溶け込むことが求められています。私たちはこれからも、クライアントの皆さまとひとつになってブランドと真摯に向き合い、冷徹な知性と熱い情熱をぶつけ合うことで、生活者の心を揺さぶる「効くアイデア」を創り上げ、Famously Effective なエージェンシーであり続けることを目指します。
グレイはこれからも、グローバルレベルで標榜する ”inspiring Creativity” を軸に、つねに社員たちが刺激しあい、磨き合えるオープンな環境を目指してまいります。ひとりひとりがイキイキと輝き、情熱を燃やし続けていくために。

渋谷 由美

Chief Operating Officer

Yukiko Ochiai

グレイワールドワイドが日本に誕生して50周年を迎えます。この50年様々な変化を遂げながらも、変わらず目指したことはクライアントのビジネスを伸ばすこと。グレイがスローガンとして掲げる「Famously Effective」なコミュニケーションを作り出すことです。消費者の心に訴え、他の人教えたくなるようなインパクトのある広告=Famously。クライアントの売り上げやROIの向上を実現する、効果のある広告=Effective。私たちグレイの一人一人が、この「Famously Effective」をミッションとし、日々努力と挑戦を続けています。

グレイの社内では、若いクリエイティブ社員が「この戦略は“売りにつながる”戦略なのか?」と戦略プランナーに確認する姿をよく見かけます。ともするとFamousなだけの広告を追い求めてしまいがちな若い社員にも、「Famously Effective」の考えが徹底されている証拠です。消費者がどのように商品と関わり、商品にどのような感情を抱いているかを理解すること。その深く追及された消費者インサイトをクリエイティビティ豊かなグレイの社員が消費者の購買意欲をそそるアイデアに変化させていくのです。

実際グレイが担当させて頂いているブランドのほとんどが市場でNo.1のシェアを獲得しています。この結果を謙虚に受け止め、市場やメディアの変化にマッチした最適な「Famously Effective」なコミュンケーションをこれからも目指して行きたいと思います。

落合 由紀子

Vice President & Executive Creative Director

Yasushi Ogata

僕がクライアント側のマーティング担当者なら、きっとグレイのクリエイティブに仕事を依頼したくなると思います。担当する商品にとことん夢中になる。戦略を正確に深く理解する。そこから斬新なクリエイティブへとジャンプする。基本的なことですが、まずそこがとてもキチンとしている。過信や慢心、自己満足だけのクリエイティブはグレイには存在しません。結果的に世の中を賑わす「Famously Effective」なキャンペーンをいくつも世に送り出しています。

グレイのクリエイティブは、すべてが“ポップカルチャー”をもとに生み出されています。世の中の“今”を的確にとらえるエッジのあるアイデアは、問題の提起からソリューションまでをホリスティックに提案するもの。フィルム、デザイン、デジタル、SNS、アクティベーション、ショッパー、PR、イベントetc..
コミュニケーションのすべての領域、すべてのタッチポイントで、誰もがじっとしていられなくなるほどの衝動を駆り立てます。

面白いことにグレイのオフィスにはほぼ壁がありません。文字通り部署ごとの仕切りもないのですが、言いたかったのはセクショナリズムもないということ。クリエイティブも、アカウントも、ストラテジックプランナーも、バックオフィスも、グレイの誰もが楽しいクリエイティブマインドを持っています。全員が創造力を楽しみながら仕事をすること。それこそが、グレイが「Famously Effective」なエージェンシーであり続ける原動力なのだと思います。

尾形 靖

Back to Top