From the Management

President & CEO

落合 由紀子

2011年、P&Gのファブリック&ホームケアアカウント(ジョイ、ファブリーズ、ボールド、レノア / レノアハピネス)のグループアカウントディレクターとしてGREYに入社。優れたサービスを提供するための献身的な努力と類まれなるリーダーシップを発揮し、2015年7月最高執行責任者(COO)に昇進、2018年1月社長兼CEOに就任。

フジテレビスポーツ局のアシスタントディレクターとしてキャリアをスタート。スポーツニュース、オリンピック中継、格闘技番組など多くのスポーツ番組制作に携わる。

その後、ビーコンコミュニケーションズにて、ヴィダルサスーン、ハーバル・エッセンス、H&S等P&Gのヘアケア、またSK-II、マックスファクター&イリュームなど日本を代表するビューティーケアアカウントを牽引。さらにフィリップモリス、パーラメント・バージニア・スリム、シマンテック・ノートン、ブラックベリー、コカ・コーラボトラーズジャパン、ケロッグ、クラフト・ジャパンなど幅広く豊富なブランド経験を持つ。

幼少期から高校卒業までを米国ニュージャージー州で過ごし、帰国。一橋大学商学部商学科卒業。

Chief Financial Officer

熊倉 努

2011年GREYに入社。「首尾一貫」「適応力」「スピード」を信条とし財務に貢献。入社以来毎年、財務目標を達成。
 
世界最大の石油会社であるエクソンから職歴をスタート、ソニーピクチャーズで財務担当のSVPを務めた後、バロック ジャパン リミテッド(アパレルメーカー)で東証一部上場に向けた国内外の販路の拡大・財務報告の信頼度向上に尽力。
 
慶応義塾大学経済学部卒、米国パデュー大学でMBA取得。
米国CMA(公認管理会計士)、CIA(国際公認内部監査人)取得。

COO, and Chief Digital Officer

速水 大剛

2001年GREYに入社、2010年まで在籍、2017年再びGREYに参画。

幅広いクライアント経験と業界経験を活かし、積極的な新規ビジネス機会の創出とデジタル領域におけるサービス拡大を目指す。過去のグレイ在籍時代はグループアカウントディレクターとしてP&Gのファブリック&ホームケアチームを統括し、数々のブランドビルディングキャンペーン開発をリード。携わった”ファブリーズで洗おう”キャンペーンは2010年のP&Gベストグローバルキャンペーンアワードを受賞。
プライスウォーターハウスクーパースにてSAPコンサルタントとしてキャリアをスタート。その後、ESPN、I&S/BBDO、ビーコンコミュニケーションズにおいて、P&G、マクドナルド、ダノン、大正製薬、アシックスなど幅広いクライアントを担当。コミュニケーション/クリエイティブ開発領域での豊富な経験を持つ。アパレル製造業でのマーケティングマネージャーを経て、3年間のグーグル勤務では日雑およびビューティーを中心とした日本のトップアドバタイザーに対する、デジタルソリューションを活用したコミュニケーションプラニングの提案に従事。
ウィチタ州立大学でMBAを取得。

VP, Executive Creative Director

多賀谷 昌徳

2019年7月、ヴァイスプレジデント、エグゼクティブ・クリエイティブディレクターに就任。

1998年、コピーライターとしてキャリアをスタート。主にグラフィック広告、ラジオCMを経験後、2002年GREYへ。テレビCM、プロモ&アクティベーション、デジタルなど活動の場を拡げ、ファブリーズ、レノアハピネス、プリングルズ、パンテーンを中心に数々のブランドキャンペーンを開発。「ファブリーズで洗おう。I wish I could wash.」キャンペーンは日本発、世界的にも成功。2012年TCC最高新人賞、クリエイティブディレクターへ昇格。また、日本コカ・コーラ、アマゾン、フィリップモリス、WILDAID、タイガー魔法瓶など多くの新規ビジネスも獲得。今後は、多領域での経験を活かし、会社全体のクリエイティビティ向上に取り組む。学生時代は、音楽、演劇に傾倒。自称カニソムリエ。
TCC(東京コピーライターズクラブ)会員。
宣伝会議クリエイティブディレクション講座講師。
D&AD2021審査員。宣伝会議賞審査員。

受賞歴/TCC最高新人賞、クリエイターオブザイヤー・メダリスト、ACCゴールド、交通広告グランプリ企画賞、消費者のためになった広告コンクール金賞、広告電通賞最優秀賞、D&AD2020 Yellow Pencil、The One Show2020 GOLD、Cannes Lions、Clio、Spikes Asia、London International Awards、New York Festivals、ADFEST、AD STARSなど。

Executive Planning Director

名古 塁

2010年GREYに入社。
P&Gファブリーズ「ファブリーズで洗おう/熱血家族」、ジョイ「チャレンジジョイ」、パンテーン「#HairWeGo」「就活をもっと自由に」「Hairy Tale」等のキャンペーンにおいて、ブランドパーパスの設計、インサイト発掘、商品コンセプト開発、クリエイティブ戦略、統合コミュニケーション戦略の立案に携わる。

APACエフィーアワードにて、2つのゴールド、シルバー、ブロンズを獲得。またクリエイティブストラテジストとして、カンヌ、ワンショー、ニューヨークフェスティバル、スパイクスアジア、D&AD賞、ACC賞、日経広告賞、電通賞など、国内外のアワード獲得に貢献している。

また、ビジネス課題の解決とユニークなクリエイティブの開発を結びつけるインサイト起点のストラテジーを武器に、数多くのニュービジネス獲得にも貢献。

共著書「広告に携わる人の総合講座」(日経広告研究所刊)。国内の複数の大学や広告講座にて講師も務める。また、大手レコードレーベルからの発売を含め3枚のCDをリリースした過去を持つ。

Back to Top